届出をしなかった場合は、10万円以下の罰金の対象になる可能性があるので注意が必要です。

MENU

田畑や資産を相続する場合

 

広大な田畑

 

田畑や資産などを相続した場合は法案の改正によって届出が必要になっています。

 

相続の許可を受けることなく農地の権利を取得した人全てが対象となり、それらの人達は農業委員会に届出を提出する必要があります。

 

届出をしなかった場合は、10万円以下の罰金の対象になる可能性があるので注意しておきましょう。

 

 

遺言相続と法定相続について

 

遺言の相続の場合は、故人が指定した「相続」をさせる場合。

 

法定相続というのは、遺言がない場合の例です。この場合は民法の規定によって相続する「権利」があるす人達で分割協議をし、どれくらい取得するのかを決定します。

 

どちらの場合であっても「相続」することになった場合は、農地や資産を取得したとみなされて相続税が課税されるので覚えておきましょう

 

その際は農地の評価によって細かなチェックが行われます。

 

 

 

相続税の税率のを理解しておく

 

基礎控除後の課税遺産額に関しては、各自の取得金額に基づいて一定の税率を掛けて計算が行われます

 

税率は「6段階」に分かれており、最低10%~・最高50%まであります。
これらの計算が全て完了した際に、相続税の総額が決定します。

 

 

 

相続税に関して不安がある場合や可能性がある方

 

まずは相談をしましょう。
一番手軽なのは税理士に相談をすることです。
これによって精神的ストレス、「わからない」という混乱から開放されます。

 

税理士への支払は確かに必要ですが、いきなり相続税に関しての知識を理解するのは中々難しいので、不安な方は税理士への相談をオススメします。

 

また相続に関しては様々な手続き等もあるので、必ず確認することが必須です。
「忘れていた」「忙しくて対応ができなかった」「知らなかった」では見逃してもらえません。

 

全て自己責任となってしまいますので、トラブルになる前にどれだけ忙しくても相談をするようにしておきましょう。
遺産や土地などを相続する際は注意しておくことが大切です。

 

 

農業によって免除(猶予)される税金の詳細はこちらへ