租税公課や種苗費、元畜費、肥料費、飼料費、農具費、農薬衛生費、諸材料費、修繕費などがあります。

MENU

農家の主な支出(経費)

 

農家の経費について

 

農家の主な経費=支出については下記のようになっています。

 

租税公課…諸費税納付額、事業税、固定資産税、農業車両の自動車税、印紙税等

所得税や国民健康保険や国民家候補権の保険料等は必要経費には含みません

 

  • 種苗費…種・苗・種いもなどの購入費用素蓄費
  • 元畜費…育成牛・子牛・子豚等の購入に必要となった代金や引取り運賃等
  • 肥料費…肥料を購入した代金や原材料など。
  • 飼料費…飼料の購入代金や自給飼料作物生産に掛る費用等
  • 農具費…農業で実際に使用する器具等の購入費用。具体例としてはスコップやバケツなど。ただし10万未満に限る。
  • 農薬衛生費…農薬や薬や治療代金(飼育している豚・牛等)に掛る費用
  • 諸材料費…農蓄に必要になるビニールや鉢や土などの費用。
  • 修繕費…実際に使用する農業器具、倉庫、作業場等を修繕した費用

 

主な農業に関しての経費はこのような形になっています。

 

勿論もっと細かく調べれば沢山の経費を分けることが出来ますが、ざっと知っておくべきことは上記のような分類に分けられます。

 

 

農業の税金について詳しく理解する

 

一度でも個人開業手続きを行っている人、或いは経理関係の仕事をしていた人ならさほど難しくはありませんが、税金についていまいち分からないという方も沢山いらっしゃるかもしれません。

 

まずは税金について正しく理解し、実際に「農業」を行うにあたって必要になったお金を経費として計上するものだと理解しておきましょう。

 

そこから売り上げや経費等が引かれて年間所得が決定し、それに応じて税金が定まります

 

つまり、経費を正しく計上できなければ多く税金を払う可能性にもなりますし、もっと分かりやすく言えば無駄な支払いが増えてしまいます。

 

税金については必ず「理解」しておかなければ事業を長期的に行っていくのは難しいので、多少の知識は蓄えておくことをオススメします。

 

また完全に理解できなくても税理士等に相談をしたり、利用することでスムーズに事業を行うこともできるので時と場面で利用するというのも正しい方法です。