納税猶予を受けるためには、農業委員会が発行する適格者証明が必要です。

MENU

農業で免除(猶予)される税金とは?

 

農業を行う上で猶予される税金についてですが、相続税に関して適用されるケースがあります。
ただ具体的な内容については下記の通りとなっています。

 

農業を営んでいた非相続人から農地を相続した場合、その農地の相続税の農業経営が困難にならないように、10ヶ月以内の申告期限内に手続きを行うと猶予される」という制度のことです。

 

この制度に関しては、農地の評価額、時価総額、農業収益地価とうによって相続税が計算され、それらを納付するというものになります。

 

また農業経営基盤強化促進法という制度により、農地の貸付を行った場合でも相続税猶予が継続できるようになっており、農業を行ってからでも多少のゆとりを得ることが出来ます。

 

 

 

免除されるために必要な手続き

 

上記で説明した特例を利用するためには農業委員会が発行する「適格者証明」を発行してもらう必要があります

 

税務署で特例を受けるための手続きを行う必要があるため、まず税金について不安な方は「必ず」税務署に立ち寄り、今回の猶予される税金以外についても相談をすることをオススメします。

 

 

 

税理士を利用する際の注意

 

注意を促す男性

税理士に知り合いがいる場合は、賢く利用することで手間や面倒を大幅に減少することが出来ますが、これから「税理士を探す」という場合は費用面や手間やコストなどが生じてしまいます。

 

よって利用の際は慎重に行いましょう。

 

税理士によっても費用が違うため、利用する際は長期に渉って必要かどうかを判断し、その上で利用すると良いでしょう。

 

 

 

納税猶予が打ち切られる可能性について

 

適用当地(納税猶予が設けられている土地)を貸したり、転用したりした場合納税猶予が打ち切られる可能性があります。また、3年ごとに提出する継続届出書を提出しなかった場合も同様に打ち切られます
それ以外に、納税猶予を受ける前に、その土地を農業経営廃止にしていた場合なども打ち切られてしまいます