給与所得及び退職所得以外の所得合計額が20万円を超えると確定申告が必要です。

MENU

兼業農家や副業の場合の処理

 

副業として行っている場合の確定申告については「稼いでいる金額」によって変化します。
正式には「給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人」と定められています。

 

具体例

給与以外に農業だけを行っていた場合「農業収入(所得)」が20万円以下の場合は基本的に申告は不要です。
ただし、金額が20万を超える場合は申告が必要です。

 

またこれらに関してですが「住民税」とは全く関係のないことなので、利益が発生している場合は申告のが必要な場合もあります。※税務署で確認することをオススメします。

 

また副業が赤字の場合は損益通算が出来る場合もあるので申告をしたほうが「税金を安く」できる場合があります

 

農機具や不動産を購入した時の処理方法とは?

 

 

兼業と副業の違いを理解する

 

兼業と副業の違いを説明する男性

 

兼業は、メインで行っている仕事とは別に他の仕事を同時に(重ねて)行うことをさします。
仕事や事業も含みます
つまり、兼業の場合は2つ以上の仕事を行っているとみなされるということになります。

副業の場合は、あくまでもメインの仕事が中心で、副業として行っている仕事の労力はメインの仕事に比べて「軽い(大変ではない)」ということが分かれ目となっています。

 

意味合いは違えど、どちらの場合も20万円を超える場合は税金の申告が必須となります。

 

最初の段階はそこまで重要だと考えないかもしれませんが、いづれ税務署にばれることもあります。
早めの申告、早めの相談をオススメします。

 

 

 

農業を兼業・副業としている場合は相談がオススメ

 

これからスタートしたい、既に始めている方にとって最も効果的な対策の一つは税理士に相談をすることです。

 

税理士に相談をすることで早めに対策が出来るだけでなく、余計なトラブルを未然に防ぐことが出来るのも魅力のポイントです。

 

税金を納めないことで様々な問題が発生するケースもありますので、なるべく早い段階で相談、或いは計画を立てて管理していくことが重要になります。